定期借地権とは

土地を所有する人(土地所有者または地主)からその土地を借りて利用する人を借地人といいます。
1941年に改定された法律(借地借家法)では、土地を借りる権利(借地権)を有する借地人に対して強い保護がなされていました。
そのため、土地を貸している土地所有者は、その土地を売ろうにも、「正当な事由」がなければ土地の返還はなされず、立ち退いてもらうためにわざわざ立ち退き料を払うなどして大変難儀していました。


そこで、1992年に、借地借家法を改定して「定期借地権」を設け、借地権契約の期間が満了を迎えたら契約の更新はできなくなるとしたことで、土地所有者は自分の土地が必ず自分に戻ってくるという安心感を持って土地を貸すことが可能となったのです。
土地を借りる借地人は、地代や保証金、あるいは権利金を土地所有者に払って、定まった期間のみ土地を借りて利用します。


この「定期借地権」には、3つの種類があります。
その分け方は、契約期間の長さによります。
最短は「事業用借地権」で、10年から20年(最長50年)までの期間で、事業用の用途に限定されます。


次は、期間30年以上の「建物譲渡特約付き借地権」で、その土地に建てた建築物を土地所有者が買い取るというものです。
最長は「一般定期借地権」で、50年と長いものです。


これは、自由に活用でき、分譲の住宅やマンションを建て、定期借地権付きで売り出すという方式が注目を浴びています。
それぞれについて、メリットやデメリットを詳しく見ていきましょう。


Copyright © 2014 定期借地権を知る All Rights Reserved.